海外FXはリスクを知ると安心してトレードが可能!

NO IMAGE

なぜ海外FXなのか?

最近ではサラリーマンのネット副業としてFXが人気で、インターネットでもバナー広告で見かけるようになりました。国内の業者は金融庁に許可を受けて営業しているため、レバレッジは最大25倍までに制限されなおかつ追証があり口座残高がマイナスになれば借金を背負うためリスクが高いです。借金は為替の変動で下がれば発生し、レバレッジが高くなれば損失額も大きくなります。このため、海外FXがトレーダーの間で注目され、レバレッジは最大で1000倍になり一獲千金を狙いやすいです。また、ゼロカットシステムを採用し追証なしでトレードができ、取引方式はNDD方式で透明性があり約定時間や確率も上がり安心できます。このほか、新規口座開設や入金でボーナスをもらえ、元手にトレードをして利益が出れば出金が可能です。以上のように、少ない金額で多くの利益を確保することもでき、口座残高が不足しても業者に補填してもらえて国内よりもトレードの幅を広げることもできます。最近では、終身雇用制度の崩壊や社会情勢の変化で自力で稼ぎたいと考える人が増え、海外FXに挑戦して資産を増やすように考える傾向が強いです。

・海外FXはリスクもあるため気を付けよう

海外FXは一獲千金を狙えたり借金を背負う心配がなく、国内よりも成功しやすいと考える傾向があります。しかしながら、実際にはそれ相応のリスクもあり国内の業者や金融庁ではしないように呼びかけ、事前にデメリットを確かめてからトレードを行うことが大事です。まずは、日本語に対応していないと理解できないため、限定できる業者が限られます。また、資産管理は信託保全ではなく万が一倒産した場合に預けた資産を失うこともあり、金融ライセンスがなければ出金や取引の成立を拒否されるなど詐欺の被害も多いです。詐欺の被害に合わないようにするためには口コミを参考に、金融ライセンスがありサポートが充実していることを確かめる必要があります。また、利益を出せば総合課税が適用され国内の業者よりも税率が高くなり、ハイレバレッジでトレードをするときは注意が必要です。海外の業者はトレードのときにスプレッドが高く、取引コストが増えて短期売買を繰り返すと積み重なってしまいます。また、本社所在地がマイナーな国や地域にあり、金銭的に余裕がなく経営状況が悪く倒産するリスクも高いです。しかし、事前に以上のようなリスクがあることを知ると慎重にトレードができるため、安心して利益を積み重ねやすくおすすめだと言えます。