特定商取引法の改正のポイントについて

NO IMAGE

直近の特定商取引法の法律改正のポイントについて具体的に挙げていきたいと思います。まず最初のファックス事業者の対応です。
連鎖的に法人を立ち上げて違反行為を行う事業者への対処を厳格にします。業務停止を命じられた法人の役員、そこに準ずる人間に対して、市内の業務を新たに法人を設立して継続することを禁止することになっています。

さらに業務停止命令の期間を最長一年から2年に伸ばすことになります。また行政調査に対する権限を強化し質問に対する権限を追加することになっています。
また不実告知等に対する法人の罰金を引き上げることになります。刑事罰の強化として3,000,000円以下であったところを1億円以下に変更になっています。

業務停止命令違反に対する懲罰の上限を2年から3年に引き上げています。
さらに所在不明の違反事業者への対応も重要なポイントになります。
所在不明23事業者に対する工事送達による処分として一定期間掲示することなって事業者に公布されたものとみなし処分を可能とします。このときの対応イメージですがやはり事業者に対して処分消耗する旨を処分庁に削ることでこうしたものとしてみなしウェブサイトのみの告知でも表示されているとみなすことになっています。

次に消費者利益の方です。消費者利益の保護のための行政処分規定の整備を行い処分事業者、夜業務停止命令を受けタクシー業者を想定する場合に消費者利益を保護するため必要な措置を指示すること、明することができるようになりました。対応イメージですが不実告知を行っていた事業者に不実告知により行政処分があった際に既存顧客への通知や返金を求める消費者への適切な対応を支持することができるようになります。
要するに計画的な返金の実施等が可能となるのです。

続いて電話勧誘販売における販売規制の導入です。電話勧誘販売において消費者が日常生活において通常必要とされる分量を著しく超えるような商品の売買契約については行政処分の対象とするとともに申し込みの撤回又は解除を行うことができるようにします。

その他にも訪問販売、通信販売及び電話勧誘販売における規制対象の拡大を行います。また通信販売におけるファクシミリ広告の規制も導入し電子メール報告における規制も拡充することになります。このように様々な方面で集う制限を拡大したり、罪状を厳罰化するなど特定商取引法の内容は日々進化するものになっています。このようにして消費者保護を図っていく必要があるのです。